パッシオーネ京都を経営する!


大社長に「階段に何か置いたらいい」というようなことを言われたのは開業翌年の春前でした。

そのときは言葉の意味がわからず何もしませんでしたが数年後、

2階へ上がりやすくするために階段に、

黄色の笑顔ボックスを置くことになりました。