パッシオーネは京都の店ですから。


人が何度も足を運んでしまう京都。

「ただいま」と言っていただけるような店になりたいです。