▼出発時
 『レンタル申込み書』に必要事項を記入
  →免許証などの身分証明書を提示>コピーをいただきます
  →『レンタル誓約書』にサイン
  →レンタル代金の支払い
  →乗車方法や諸注意のご説明
▼帰着後

 『返却手続き書』に記入>身分証明書のコピー
  →会員登録(希望者)>会員証の発行
  ⇒PASSIONE二階にてご休憩?
☆『レンタル誓約書』

 PASSIONEのレンタル自転車の走行時に起きた事故や怪我に関して、PASSIONEには
 責任を問わないと誓約していただきます。
☆会員証
 会員登録すると次回からレンタル時の手続きがスムースになります。
 今後もPASSIONEでは京都を開拓してまいりますので、会員様は常に新しい京都情報を
 得ることができます。

レンタル料金は「¥3150/日」「¥2100/半日」です。


注)PASSIONEでは午前9時〜午後6時までのレンタルとなっております。
  必ず午後6時にはお戻りください。
注)PASSIONEでは自転車の配達・回収のシステムは導入しておりません
  当店から出発し、必ず当店に帰着いただきます。
  万一、途中放置された場合はいかなる理由であれ、
  当店の損害を賠償していただきます。
注)ユーザー様の重大な過失(鍵のかけ忘れ・かけ損ねなど)により
  盗難にあった場合は、当店の損害および当該車両の市販価格を弁償していただくことが
  あります。
注)パンクに関しましてはPASSIONEでは責任を負いかねます。
  最寄のサイクルショップにて御実費で修理してください。
  市内のサイクルショップのマップなどもご用意しております。

■私が何よりも恐れることはユーザーの皆様がお怪我されることです。
 ユーザー様に万一のことがあるとオーナーの私は非常に悲しくなります。
 PASSIONEと密接にコラボレートするお店の方々も悲しまれます。
 PASSIONEがご用意するコースは、自転車観光が最適となる細い路地が中心となっており、
 信号がない交差点が多くあり危険箇所が多くあります。

▼京都市で自転車に乗るときの注意点

1.一旦停止
  一旦停止標識の有無にかかわらず、
  交差点では必ずスピードを緩め左右を確認して
  ください。
  よくノンストップの自動車や自転車が飛び込んで

  きます。
  止ったと思った車でも見切り発車することが
  多くあります。

 

狭い交差点では徐行を!
2.死角
  直角の曲がり角が多い京都市では、幅員が狭いうえに互いに死角になる場所がほとんどです。
  向こうから人や自転車がやってくるものという意識でいてください。

3.車道
  自転車は『車両』です。法律的には車道を走ることになっておりますが、歩道を走るケースも
  多々でてきます。当然、歩道は歩行者が優先。
  PASSIONEの自転車にはベルがついておりますが、これを「そこのけ」と鳴らすことは非常に
  ナンセンスです。
  自転車は“ゆとり”の乗り物、スマートにお乗りください。


ゆっくりと走れば絶対に交通事故は発生しません。
PASSIONEの自転車はスポーティなスタイルですが、
決してスピードを出さないと約束してください。


注)レンタル時に、いかなる事故であってもPASSIONEには責任を問わず自己の責任のもとで
  処理することを誓う『レンタル誓約書』に署名していただきます

 

PASSIONEが提供するすべての自転車にはこだわりが満載です。


1.「厳選したスタイリッシュな自転車」

  どれもが主役のミニベロ(小径自転車)です。
  皆様に乗られることで、彼らはさらに輝くことができます。

2.「IREMONYA DESIGN LABOの黄色のカゴ」
  IDLはPASSIONEとコラボレートする京都発のブランドです。
  全ての自転車にフルオーダーした黄色のカゴをつけました。
  すれ違う人には向こうから“笑顔”が走ってくるように見えるように設計しました。

3.「方位磁石つきベル」
  京都市の地理特性を活用するためのアイテム。
  これは便利とオーナーが気づいたPASSIONEのみが導入いたしております。
  好き勝手なコース選択であっても方角がわかるあなたは迷うことなく目的地にたどり着けます。
  ※簡易なものですので不正確な表示をする場合があることをご了承ねがいます

4.「スタイリッシュなリアライト」
  自転車=エコロジーということから、太陽光をエネルギーとするスタイリッシュな
  リアライトを取り付けました。夕方、暗くなってきても安心です。
  ※帰着時間は厳守ねがいます。


▲上へ

 

Copyright(c) 2009 Passione. All rights Reserved.